高齢出産後の教育費問題。準備できてる?

ミズのアイコン画像ミズ
こんにちわ。ミズ(@mizu_0w0_)です

人生での三大資金って聞いたことありますか?

・住宅資金
・教育資金
・老後資金

子どもの教育費、一人に1,000万円かかると言われますよね。

私の場合は高齢出産で第一子を出産しました。しかも、入籍から数ヶ月後に妊娠が発覚…つまり、貯める期間がほとんどないまま妊娠期間に突入しました。

ミズのアイコン画像ミズ
妊娠は嬉しいけど、お金が心配!

今回はそんな私の教育費の貯め方をお話ししたいと思います。

目次

学資保険では間に合わない!効率よく投資で貯めよう!

教育費を貯めると言えば、何を思い浮かべますか?

ミズのアイコン画像ミズ
学資保険ではないの?

みずかんのアイコン画像みずかん
ちょっと待って!
学資保険だけでは間に合わないかも!

一般的に教育費といえば、学資保険を思い浮かべますよね。でも、学資保険は高齢出産の子どもにとって十分なものと言えるのでしょうか。

ー学資保険のデメリットー

・思ったより増えない
・元本割れリスクがある
・医療保険機能のあるものであればマイナスになることも

ミズのアイコン画像ミズ
思ってたのと違う!

高齢出産の子どもが、学資保険を受け取るのが18歳。その頃、両親は一体何歳になっているでしょうか。すでに定年…なんて事もあり得ます。

そんな時に、学資保険だけでは間に合わないとしたら…?考えるだけでも怖いですよね。

では、どうして間に合わないのかもしれないのでしょうか。

学資保険だけでは足りない!入って満足にならないで!

学資保険の、返戻率ってわかりますか?現在の返戻率は103%から高くて107%くらいです。

例えば、

・受取学資総額を200万円
・10年間払込む
・返戻率を107.2%

と仮定します。

月々の支払が、15,540円。
払込保険料総額は、1,864,800円となります。

ミズのアイコン画像ミズ
135,200円おトクってことね

では、もう1つの例を見てみましょう。

・月々の支払い15,540円
・10年間の払込み
・リターン3%


[引用:楽天証券積立かんたんシュミレーション

ミズのアイコン画像ミズ
10年で200万円超えてる!

さらに、キリよく15,000円に引き下げて、15年継続すると…


ミズのアイコン画像ミズ
300万円上回ってる!

学資保険では、月々15,540円を10年積立でした。結果、135,200円増えるようです。

一方、投資信託では同じ10年を積み立てた時…

ミズのアイコン画像ミズ
30万以上増えてる!

でも、大事なこと忘れてませんか…?

子どもの教育費。必要なのは大学入学時に500万円!

ミズのアイコン画像ミズ
あれ!?
1,000万ではないの!?

みずかんのアイコン画像みずかん
学資保険でも対象になってる多くは
大学入学に合わせたプランだよ

見落としがちなこの1,000万円という数字に翻弄されてませんか。

実はこれ、幼稚園から大学まで…国公立の学校で過ごすための費用となります。幼稚園から高校までの教育費は、特別に用意せず、生活費の中から支出することが理想とされています。

つまり、子どもの教育費として特別に準備するのは…

ミズのアイコン画像ミズ
大学入学に必要な500万円!

これを子どもが18歳まで、大学入学前までに準備しなければいけません。

子どもの児童手当使ってない?全部残せば200万円!

子どもが生まれたら貰える大事なお金に、児童手当があります。実はこれを全部貯めておけば、200万円になります。

さきほどお話しした500万円のうち、200万はこちらでカバーすることができるのです。そして残りは…

ミズのアイコン画像ミズ
300万円!

学資保険を200万円に設定した場合は、もちろん…足りません。でも、投資信託を利用したらどうだったでしょう…?

 

学資保険を300万に設定した時には、さらに追加で保険料を払わなければいけなくなります
高齢出産の場合は、学資保険ともう一つ貯めておかなければいけない資金がありますよね…?

みずかんのアイコン画像みずかん
もう一つ重大なこと忘れてない?

そう。老後資金です。

同時に、教育資金と老後資金を貯めていかないといけない場合、できるだけ保険料は下げておきたいところです。少しでも、保険料を抑えるためにも、学資保険で貯めるというのは避けたいものです。

学資保険の受取は子どもに必要な時期になってる?

学資保険の受け取り方って様々です。多くは18歳から何度かに分けて、何十万円ずつ受け取れるもののようです。

最終満期が、平均21歳…です。

ミズのアイコン画像ミズ
必要な時に受け取れてる…?

大学入学費用、学費…必要な額がしっかり受け取れるのか、足りるのか事前確認が必須です。

もし、解約して受け取る…ことになれば、元本割れの危険もあります。医療保険等の特約があるものについては、さらに元本割れしている可能性が高くなります。また考えたくないですが、保険会社が倒産する…可能性もゼロではありません。

学資保険よりも投資を利用!かしこく増やそう!

いかがでしたか?

教育費を貯めてくのに、学資保険は一般的な方法としてあげられています。しかし、教育費と老後資金を同時に貯めないといけない場合…学資保険ではフォローできない状況も生まれかねません。

投資信託をうまく利用して、我が子のやりたいことを応援できる環境を作ってあげられたら良いですよね。

投資信託をする場合、楽天証券がおススメです。楽天ポイントも投資に充てることができるため、現金での投資額を減らす方法をとる事もできます。少しでも教育費への準備金を減らしたい場合にはとても有効な手段となります。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

ミズのアイコン画像ミズ
最後まで読んでくれてありがとう ミズ(@mizu_0w0_)をフォローしてね

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる